一般社団法人日本スポーツ栄養協会 設立記念メディアセミナー「スポーツ栄養界のカリスマと競技指導者が語る金メダル獲得へのカラダづくりとは?」開催のお知らせ

2018年09月01日

「スポーツ栄養学」の理論と実践を用いて、筋肉作り、持久力、瞬発力、集中力、メンタル強化、怪我や病気予防・改善、食欲コントロール等、栄養管理によって選手の身体をマネジメントし、プロスポーツや国際大会の現場で活躍する「公認スポーツ栄養士」。“何を、いつ、どのように、どれぐらい食べる”を操り、選手が必要とする身体づくりをサポートしています。

2008年の北京五輪で金メダルを獲得したソフトボール女子日本代表チームをはじめ、東京2020へ向けての様々な選手、チームの栄養サポートを行うスポーツ栄養界のカリスマ、鈴木志保子が、満を持して一般社団法人日本スポーツ栄養協会を発足いたしました。 このたび、そのお披露目とともに、“パフォーマンスを栄養でマネジメントする”スポーツ栄養の世界を感じていただきたく、メディアセミナーを開催いたします。当日は、複数競技の指導者をゲストに、勝つための身体づくり、スポーツ栄養マネジメントの活用について語り合います。ぜひ、奮ってご参加ください!

定員に達したため募集を締め切りました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました

開催概要

セミナー名:一般社団法人日本スポーツ栄養協会 設立記念メディアセミナー

日程:2018年9月28日(金) 13:30~15:30(13:00開場)

場所:トラストシティカンファレンス丸の内 Room5(東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階)
会場までのアクセス ▶ ※JR東京駅日本橋口より徒歩1分

対象者:報道関係者、関係企業担当者

参加費:無料

申込〆切:2018年9月26日(水)12:00

参加登録

定員に達したため募集を締め切りました。たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました

プログラム

13:30~13:35
イントロ
13:35~14:20
「スポーツ栄養の世界とは」
一般社団法人 日本スポーツ栄養協会理事長 鈴木 志保子 氏
14:20~14:30
―休憩―
14:30~14:45
日本スポーツ栄養協会のご紹介
14:45~15:30

パネルディスカッション「勝つための栄養マネジメント」

パネリスト:
当協会理事/順天堂大学陸上競技部女子監督 鯉川 なつえ 氏
プロゴルファー 栗西 鈴香 氏
マツダ株式会社陸上競技部監督 増田 陽一 氏
障がい者水泳日本代表ヘッドコーチ 峰村 史世 氏

座長: 一般社団法人 日本スポーツ栄養協会理事長 鈴木志保子
15:30~16:00
写真撮影/名刺交換

登壇者ご紹介

  • 鈴木 志保子 氏
    鈴木 志保子 氏
    一般社団法人 日本スポーツ栄養協会理事長/公立大学法人神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部栄養学科教授。
    東京都出身。管理栄養士。公認スポーツ栄養士。実践女子大学卒業後、同大学院修了。東海大学大学院医学研究科を修了し、博士(医学)を取得。2000年より国立鹿屋大学体育学部助教授、2003年より神奈川県立保健福祉大学栄養学科准教授を経て、2009年4月より現職。(公社)日本栄養士会副会長、(一社)日本スポーツ栄養協会理事長、NPO法人日本スポーツ栄養学会前会長、日本パラリンピック委員会女性スポーツ委員会委員、東京2020組織委員会飲食戦略検討委員。マツダ株式会社陸上競技部、日立ソフトボール部、(一社)日本身体障がい者水泳連盟、(一社)日本車いすバスケットボール連盟(男子代表チーム)、車いすバスケットボールチームNO EXCUSEなど、数多くのトップアスリートの栄養サポートに従事。
  • 栗西 鈴香 氏
    栗西 鈴香 氏
    プロゴルファー。
    兵庫県出身。LPGAプロフェショナル会員、ティーチングプロフェッショナル資格A級、LPGAジュニアゴルフコーチ。1984年兵庫県立東播磨高等学校卒、1996年プロテスト合格、2006年福島県双葉地区教育構想の一環で福島県富岡高等学校・富岡町立富岡第二中学校ゴルフ部のコーチ着任。鈴木志保子先生に出会う。2015年LPGAアワード2015ティーチャーオブザイヤー・日本プロスポーツ功労賞受賞、2017年福島県富岡高等学校の休校に伴い、福島県南でゴルフプロジェクトに携わり現在に至る。
  • 鯉川 なつえ 氏
    鯉川 なつえ 氏
    一般社団法人日本スポーツ栄養協会理事/順天堂大学 陸上競技部女子監督/同大女性スポーツ研究センター副センター長。
    福岡県生まれ。筑紫女学園高等学校に進学と同時に陸上競技を始め、89年第1回全国高校駅伝5区、90年1区で区間賞、同年のIHでは3千米で高校日本新記録を樹立。順天堂大学に進学後、92年日本インカレで3千米、1万米の二冠を達成、同年全日本大学女子駅伝では3区区間賞を獲得。ハーフマラソンでは学生日本新記録を樹立。93年ユニバーシアード・バッファロー大会(1万米、3千米)、95年ユニバーシアード福岡大会(マラソン)の2大会連続で日本代表として活躍。大学卒業後は三田工業㈱に入社、その後大学院を経て、現在順天堂大学スポーツ健康科学部先任准教授、同大陸上競技部女子監督。14年より女性スポーツ研究センター副センター長。日本学生陸上競技連合強化委員、女性スポーツ医学研究会理事、日本陸上競技学会理事。
  • 峰村 史世 氏
    峰村 史世 氏
    一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟 理事/日本代表ヘッドコーチ。
    1996年、東洋大学社会学部社会福祉学科卒業。1997年に青年海外協力隊水泳隊員としてマレーシアに派遣され、現地で水泳を指導。2004年アテネパラリンピックマレーシア代表コーチを経て帰国。障がい者水泳日本代表コーチを務める。自身のチーム「MINEMURA ParaSwim Squad」を結成し、パラリンピックを目指す若手選手の指導も行う。一般社団法人日本身体障がい者水泳連盟理事。
  • 増田 陽一 氏
    増田 陽一 氏
    マツダ株式会社 陸上競技部監督。
    京都府生まれ。網野高等学校(京都)から京都産業大学を経て、1999年マツダ株式会社入社。現役時代はゴールドコーストマラソン(ハーフマラソンの部)大会で4位に入賞するなど、長距離選手としてトラック、ロード、駅伝で活躍。2010年より同部の監督を務める。監督就任後はその手腕を発揮し、2015年から3年連続で中国実業団駅伝を制覇。また今年の東京マラソン2018では山本憲二選手を9位(日本人選手5位)&MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の出場権獲得に導いた。

メディアセミナー概要(PDF)

PDFダウンロード

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

お知らせ・トピックス

SNDJメンバー募集中。登録はこちら Facebook Twitter LINE